第41回日本保健医療社会学会大会へのお誘い


地域包括ケアや在宅ケアにかかわる内容も多いので、こちらでも告知しておきます。

2015年5月16日・17日に首都大学東京荒川キャンパス(東京都荒川区)において、第41回日本保健医療社会学会大会を開催いたします。私も副大会長として皆様をお待ちしております。お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

  • 大会長:   三井さよ (法政大学社会学部 教授)
  • 大会テーマ: 「生活モデルへの転換」
  • 主な大会プログラム
  • シンポジウム 「この20年で医療はどう変化したか?
    ――生活モデル/セルフケア/自己決定」
  • シンポジスト:
    • 猪飼周平先生(一橋大学)「病院の世紀から地域包括ケアの時代へ」
    •  松繁卓哉先生(国立保健医療科学院)「患者中心/セルフケアとは何だったのか」
    • 田代志門先生(昭和大学)「死にゆく人々へのケアはどう変化したか」
    • コメンテイター:美馬達哉先生(京都大学)、戸ケ里泰典先生(放送大学)
    • 司会:吉田澄恵先生(東京女子医科大学看護学部)
  • 教育講演 「人工呼吸器からみえる医療/家庭/社会」
    • 講師: 大森健先生(IMI首都圏ブロック)
    • 司会: 鷹田佳典先生(早稲田大学)

  • ラウンドテーブルディスカッション・一般演題発表
    申し込みは 12月8日から1月9日
  • 参加費:(事前申し込みの場合、1000円割引となります。)
    一般(当日)会員6000円、非会員7000円
    学生(当日)会員4000円、非会員5000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です