在宅看護学会シンポジウム(@東邦大)


11月15日に開催された第4回日本在宅看護学会学術集会のシンポジウムⅠ「在宅看護学実習はどうあるべきか」において、「本学における在宅看護学実習の現状と課題、そして今後に向けた取り組み」と題してお話しする機会をいただきました。

私は大学のカリキュラムや実習全体を含めた少し大きなところから話をしましたが、実習施設の立場からの乙坂佳代さんは、実際の指導の状況をお話しされ、新人訪問看護師の立場からの田代亞矢乃さんは学生時代の実習経験と新人としての取り組みの状況を大勢の聴衆の前で堂々と発表されておられました。全体としてはバランス良く、皆さんにお伝えできたのではないかと思います。

抄録と一部変更した内容がありましたので、発表資料を添付します。また司会をされていた柏木先生のところに演習や講義についても教員の方々からの質問が殺到していたということですので、本学での今年の抗議・演習の内容が示された日程表を参考までに添付します。

もちろんお問い合わせがあれば、お答えしますが、見ればわかるということもあると思いますので、先にお示ししておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です